般若心経の全文にふりがなをつけてわかりやすい意味を解説しました

般若心経の全文の意味を分かりやすく簡単な文章で解説しました

般若心経の全文と読みかたは以下のとおりです。

↓ 気になる言葉をクリックしていただくと解説ページが表示されます。 ↓

摩訶般若波羅蜜多心経まかはんにゃはらみつたしんぎょう

観自在菩薩かんじざいぼさつ 行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはんにゃはらみったじ 照見五蘊皆空しょうけんごうんかいくう 度一切苦厄どいっさいくやく
舎利子しゃりし 色不異空 空不異色しきふいくう くうふいしき 色即是空 空即是色しきそくぜくう くうそくぜしき 受想行識亦復如是じゅそうぎょうしきやくぶにょぜ
舎利子しゃりし 是諸法空相ぜしょほうくうそう 不生不滅ふしょうふめつ 不垢不浄ふくふじょう 不増不減ふぞうふげん 是故空中ぜこくうちゅう 無色むしき 無受想行識むじゅそうぎょうしき 無眼耳鼻舌身意むげんにいびぜつしんい 無色声香味触法むしきしょうこうみそくほう 無眼界乃至無意識界むげんかいないしむいしきかい
無無明むむみょう 亦無無明尽やくむむみょうじん 乃至無老死ないしむろうし 亦無老死尽やくむろうしじん 無苦集滅道むくじゅうめつどう無智亦無得むちやくむとく 以無所得故いむしょとくこ
菩提薩埵ぼだいさった 依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ 心無罣礙しんむけいげ 無罣礙故むけいげこ 無有恐怖むうくふ 遠離一切顛倒夢想おんりいっさいてんどうむそう 究竟涅槃くきょうねはん
三世諸仏さんぜしょぶつ 依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ 得阿耨多羅三藐三菩提とくあぬくたらさんみゃくさんぼでい
故知般若波羅蜜多こちはんにゃはらみった 是大神呪ぜだいじんしゅ 是大明呪ぜだいみょうしゅ 是無上呪ぜむじょうしゅ 是無等等呪ぜむとうどうしゅ 能除一切苦のうじょいっさいく 真実不虚しんじつふこ
故説般若波羅蜜多呪こせつはんにゃはらみったしゅ 即説呪曰そくせつしゅわつ
羯諦羯諦ぎゃていぎゃてい 波羅羯諦はらぎゃてい 波羅僧羯諦はらそうぎゃてい 菩提薩婆訶ぼじそわか
般若心経はんにゃしんきょう

そして、その大まかな意味は以下のとおりです。

彼岸の智慧による不変の教え

観自在菩薩が、彼岸の道に向かって深く行じることにより、心の眼が開いてものの実相が見えるようになると、心は五蘊によるすべての自我の思いから離れる。そうなると、一切の苦しみと災いを超えることができる。

舎利弗および仏弟子たちよ、目に見えるものがすべてではない。目に見えないものも実体として存在するのである。

そしてそれらは本質的には同じものである。

お互いを生かし合っている自然界には自我の思いが無い「空」であり、自我が無いから自然界という「色」は成り立っているのだ。自分の心と行為についても、自我の思いや執着というものはもともと無いものなのだ。

それゆえ、舎利弗および仏弟子たちよ、このさまざまな因縁の法則は、ものが新たに生まれたり消えたりすることも無ければ、垢が溜まって汚れることも浄める必要も無い。宇宙エネルギーは一定であり、増えたり減ったりすることも無い。

それゆえ「空」の世界には「色」への執着も迷いを重ねることも無い。

心に仮相の根を作ることも、喜怒哀楽に振り回される心も無い。
また肉体感覚からくる迷いも無ければ、老死も苦悩も無い。

単なる知識では真相は分からない。自己保存の欲望に揺れていては菩薩の智慧は得られないからだ。

般若の智慧を得ることで、心にとらわれが無くなる。
とらわれが無くなることで恐怖を感じることも無くなる。

物事を逆さまに観る一切のことから遠く離れることで仏の世界に往きつくことができる。

三世に渡るそれぞれの仏といわれる者は、彼岸の智慧によって最高の悟りを得た。

以上のことから分かるように、仏の智慧は大いなる神の言葉なのである。

一切の智慧であり、これ以上無い真実の言葉である。これに比べられるものは無い。
そして、一切の苦しみが取り除かれるものであり、真実であって偽りの無いものである。

ゆえに、この智慧の言葉を要約すると、以下のとおりとなる。

彼岸へ、彼岸へ、彼岸へ到達しよう。
あなたも、わたしも、自我の執着から離れ、物事を正しく観ることにより悟りの彼岸に到達して、安心の境涯を手にしよう。

これが永遠に変わらぬ心の教えである。

以上の訳は、一般に出回っている般若心経の訳文とは大きく違うと思います。
私なりに意訳を加えて訳しています。

ご参考になれば幸いです。