般若心経の意味をわかりやすい言葉で【7/8】

「故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚」の読みかたと意味

読みかたは以下のとおりです。

故知般若波羅蜜多こちはんにゃはらみった 是大神呪ぜだいじんしゅ
是大明呪ぜだいみょうしゅ 是無上呪ぜむじょうしゅ 是無等等呪ぜむとうどうしゅ
能除一切苦のうじょいっさいく 真実不虚しんじつふこ

では意味を一つひとつみていきましょう。

故知般若波羅蜜多 是大神呪

故に知る、仏の智慧は大いなる神のことばである

という意味になります。

詳細はコチラ》

是大明呪 是無上呪 是無等等呪

一切の智慧であり、これ以上無い最高の真言、これに比べるものが無い

という意味になります。

詳細はコチラ》

能除一切苦 真実不虚

一切の苦しみが除かれる、真実であって偽りの無いもの

という意味になります。

詳細はコチラ》

意訳をまとめると…

(前段を受けて)以上のことから分かるように、仏の智慧は大いなる神のことばである
一切の智慧であり、これ以上無い真言である これに比べるものは無い

(これらの真言は)一切の苦しみが取り除かれるものであり、真実であって偽りの無いものである

という意味になります。

《全文の意味はコチラ