「三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提」の読みかたと意味

読みかたは以下のとおりです。

三世諸仏さんぜしょぶつ 依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみったこ
得阿耨多羅三藐三菩提とくあぬくたらさんみゃくさんぼでい

この文の意味をみていきましょう。

三世諸仏(さんぜしょぶつ)
三世(過去、現在、未来)におけるそれぞれの仏

三世(過去、現在、未来)
過去:
前世とそれ以前の過去世
現在:今の人生
未来:来世
依般若波羅蜜多故(えはんにゃはらみったこ)
彼岸の智慧に依るが故に
得(とく)
得た(文字通り)
阿耨多羅(あぬくたら)
無上の
三藐(さんみゃく)
正義
三菩提(さんぼでい)
一切の智慧

意訳をまとめると…

三世それぞれの仏は、彼岸の智慧に依るが故に
これ以上無い最高の悟りを得た

という意味になります。

《全文の意味はコチラ