「遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃」の読みかたと意味

読みかたは以下のとおりです。

遠離一切顛倒夢想おんりいっさいてんどうむそう 究竟涅槃くきょうねはん

この文の意味をみていきましょう。

遠離(おんり)
遠く離れる
一切(いっさい)
一切の
顛倒夢想(てんどうむそう)
物事を逆さまに観ること

本来無いはずの「自我による迷いや苦」を有るとみたり、本来あるはずの「実相」を無いとみるような逆さまのみかたを指します。
究竟(くきょう)
究極のこと、最後に往きつくところ
涅槃(ねはん)
仏の世界

意訳をまとめると…

物事を逆さまに観る一切のことから遠く離れることで仏の世界に往きつく

という意味になります。

《全文の意味はコチラ