「舎利子」の読みかたと意味

読みかたは以下のとおりです。

舎利子しゃりし

この文の意味をみていきましょう。

舎利子(しゃりし)
(お釈迦様のお弟子さんで智慧第一といわれた)舎利弗しゃりほつ

舎利子しゃりし」とは、お釈迦様のお弟子さんで智慧第一といわれた「舎利弗しゃりほつ」のことを指しています。

ではなぜ「舎利弗」とせず、「舎利子」としたのでしょうか。

いろんな説がありますが、私は以下の説で理解しています。

舎利弗は仏弟子であり、仏教徒全体の代表格ともいえます。ここではお釈迦さまが舎利弗に法を説いている場面ですが、舎利弗にだけではなく舎利弗の後ろに控えている仏教徒みんなに向けて説かれたことから「舎利子」としたのではないかといわれています。

意訳をまとめると…

舎利弗および仏弟子たちよ

という意味になります。

《全文の意味はコチラ