「行深般若波羅蜜多時」の読みかたと意味

読みかたは以下のとおりです。

行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはんにゃはらみったじ

この文の意味をみていきましょう。

行深(ぎょうじん)
深く行ずること
般若(はんにゃ)
仏智(彼岸の智慧)
波羅蜜多(はらみった)
彼岸へ至る道、菩薩行

「菩薩行」とは、布施、持戒、忍辱などを指します。
般若心経は大乗仏教の経典ですから、このような生活を重視しているのです。
時(じ)
そのとき、そうすると

意訳をまとめると…

仏智に満ちた彼岸への道に向かって深く行じていくと

という意味になります。

《全文の意味はコチラ