八正道とは

八正道とは

  1. 正見(正しく見る)
  2. 正思(正しく思う)
  3. 正語(正しく語る)
  4. 正業(正しく仕事をする)
  5. 正命(正しく生活する)
  6. 正進(正しく道に精進する)
  7. 正念(正しく念ずる)
  8. 正定(正しく定に入る)

以上8つの正しい道が説かれたものです。

八正道

八正道の「正定」をわかりやすく解説しました

正定とは、正しく定(じょう)に入るということです。定に入るとは、神仏に思いを定めるということです。 ここでは、思いを定めるとはどういうことか、また思いを定めるにはどうすれば良いかをお伝えし、「正見」から始まった八正道を、この「正定」で締めくくりたいと思います。
八正道

八正道の「正念」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正念」とは、正しく念じることです。 自分本位の思いからくる念を「邪念」というのに対し、自我のない、献身奉仕の思いから来る念を「正念」といいます。ここでは邪念と正念のちがいについて解説しています。
八正道

八正道の「正精進」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正精進」とは、正しく精進をするということです。正しく精進するとはどういうものか、どうすれば正精進が実践できるかをここでは解説しています。 その正しい生活を阻むカルマとは何なのか、カルマから離れるためにはどうすれば良いのか、正命に適う生活とはどういうものかを、ここでは解説しています。
八正道

八正道の「正命」をわかりやすく解説しました

正命とは、文字通り正しく命を全うすること、すなわち正しく生活をするということです。その正しい生活を阻むカルマとは何なのか、カルマから離れるためにはどうすれば良いのか、正命に適う生活とはどういうものかを、ここでは解説しています。
八正道

八正道の「正業」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正業」とは、正しく仕事を為すことですが、正しい仕事とは何でしょうか。 ここでは「正しく仕事を為す」ためにはどうすれば良いかをお伝えしています。
八正道

八正道の「正語」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正語」とは、文字通り正しく語ることです。我々が日常生活で語っている言葉は、想像以上に強い力を持っています。ここでは正しく語ることについてお伝えしています。
八正道

八正道の「正思」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正思」とは、正しく思うということです。思いは行為となって私たちの生活に大きな影響を与えています。 ここでは正しく思うことについてお伝えしています。
八正道

八正道の「正見」をわかりやすく解説しました

八正道の一つ「正見」とは、正しく見るということですが、正しさも人や立場によって変わります。 ここでは「正しく見る」ためにはどうすれば良いかをお伝えしています。